大会情報

国民体育大会とは

国民体育大会(国体)とは、毎年都道府県持ち回りで開催される国内最大のスポーツの祭典です。都道府県対抗方式で「冬季大会」と「本大会」の競技得点の合計を競い合い、天皇杯(男女総合成績第1位)・皇后杯(女子総合成績第1位)の獲得を目指し、代表選手が各競技で熱い戦いを繰り広げます。
栃木県での国体の開催は、昭和55年の第35回国民体育大会(栃の葉国体)以来、42年ぶりです。令和4年(2022年)に開催される第77回国民体育大会では、「いちご一会とちぎ国体」として、競技得点の対象になる「正式競技」のほか、「特別競技」「公開競技」「デモンストレーションスポーツ」といった競技を実施します。
宇都宮市では、正式競技・特別競技14競技と、デモンストレーションスポーツ3競技が開催されます。

栃木国体の詳細については、栃木県のホームページをご覧ください。

全国障害者スポーツ大会とは

全国障害者スポーツ大会(大会)は、平成12年(2000年)に「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会」が統合されてつくられた、国内最大の障がい者スポーツの祭典です。障がいのある選手が競技などを通じ、スポーツの楽しさを体験するとともに、多くの人が障がいに対する理解を深め、障がいのある人の社会参加を推進することを目的としています。
宇都宮市では、5競技が開催されます。

大会愛称

第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」
「いちご」の生産量が半世紀に渡って日本一の栃木県。「いちご王国」で行われる国体に参加するすべての人々が、県民の心のこもったさまざまなおもてなしに出会い、交流を深めることで新たな夢や感動が生まれることを目指します。

スローガン

アスリートたちが夢に向かって突き進む姿は、大会に参加する全ての人に感動を与えます。その感動をレガシーとして、未来の人づくり、地域づくりにつなげていきたいという願いが込められています。

マスコット

いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会マスコットキャラクター 「とちまるくん」

宇都宮市マスコットキャラクター 「ミヤリー」

市制110周年を記念して全国からの公募と市民投票によって誕生したマスコットです。市の花であるサツキの冠をかぶった妖精をモチーフとし、宇都宮の「ミヤ」と妖精フェアリーから「ミヤリー」と名づけられました。

開催競技

「いちご一会とちぎ国体」では、宇都宮市で正式競技・特別競技14競技とデモンストレーションスポーツ3競技が開催されます。
「いちご一会とちぎ大会」では、宇都宮市で5競技が開催されます。

実行委員会

「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会宇都宮市実行委員会」は、宇都宮市長を会長として、各界を代表する関係団体及び関係機関等で構成する220名の組織です。
令和元年7月17日に開催されました(公財)日本スポーツ協会理事会におきまして、栃木県での国体の開催が決定されましたことから、「第77回国民体育大会宇都宮市準備委員会」を改組して、令和元年8月20日に設置しました。