• HOME
  • お知らせ
  • その他
  • いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会宇都宮市実行委員会事務局看板の除幕式を行いました

その他 RSS

いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会宇都宮市実行委員会事務局看板の除幕式を行いました

その他

令和元年8月20日(火曜日)、「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会宇都宮市実行委員会第1回総会」閉会後に、二荒山会館玄関前にて、市実行委員会事務局看板の除幕式を行いました。

 今回、事務局に掲げる看板は、栃木県を代表する書家である櫻井敬朔様が 自ら筆を執り揮毫されたものです。櫻井様はこれまでに、書家として、数々の個展を開催し、数多くの賞を受賞しております。 また、櫻井様は、元宇都宮市職員であり、平成5年に栃木県で開催された「全国高等学校体育大会(インターハイ)」の宇都宮市実行委員会事務局に従事され、全国大会運営を経験されました。

 今回、全国最大のスポーツの祭典である国体開催の正式決定にあたり、櫻井様からエールの意味を込めて、事務局看板の揮毫、寄贈の申し出をいただいたものであります。ちなみに、看板は、平成5年のインターハイ事務局で掲げていた看板を再利用したものです。

 除幕式では、佐藤市長、小堀教育長が除幕を行いました。

 除幕後には、佐藤市長から改めて、いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会の開催に向けた意気込みのコメントを頂きました。

 今後、両大会の成功に向けましては、「オール宇都宮」で取り組んでまいります。

佐藤市長と小堀教育長が除幕を行いました!


いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会の成功に向け、市長からコメントを頂きました!


櫻井敬朔様より寄贈頂いた事務局看板